記事一覧

謎の教練銃 20 : 完成

只今、2020年1月4日・・・謎の教練銃、再生作業完了です♪♪...

続きを読む

謎の教練銃 19 : 組立

さぁ! ラストスパートに入って正月休み中に完成させるのでやんす♪ (。・ω・)(。-ω-)(。・ω・)(。-ω-)ゥィゥィ♪マイナスドライバーの先端を研磨して、刺したら自立する様に。うっかりしていて・・・マイナスネジを作っていないので、元から付いていた真鍮ネジを使います・・(;^ω^)アハハ少し隙間が開きますが、下帯の具合からして元々この程度かと・・・(;^ω^)ボルトは酸洗いせずにガソリン洗浄してから黒染です♪さて・・このボルト、...

続きを読む

謎の教練銃 18 : 微調整と銃身組立

銃身ASSYの組立作業に入ります♪その前に・・・組み立ててしまうと測定できなくなってしまう部分の寸法を・・(;^ω^)薬莢の先端が嵌る部分はΦ12.1・・・つまり、薬莢先端部の外径はΦ12.0?・・・この辺りの寸法からすると村田銃の教練銃っぽいんですけどね・・・深さは34mm・・・(´・∀・`)ヘーさて・・嵌合部の微調整を済ませちゃいましょうかねぇ~♪( ´⊿`)y-~~手でここまで入る「渋さ」がベストですなぁ~ (。・ω・)...

続きを読む

謎の教練銃 17 : 銃身の再生③(溶接と黒染め)

さて・・・少し再溶接して窪みを消しましょう・・・(。・ω・)(。-ω-)(。・ω・)(。-ω-)ゥィゥィ♪お次はレシーバー部分・・・派手に切り込みを入れられてしまっておりますが・・・再生するのは楽勝だったりします。(;^ω^)アハハ適当な端材を削って・・・うむ。これでヨシ♪溶接の熱やら収縮やらで銃身がかなり反ってしまっていますので、修正を施します♪♪(直し方は非公開(マル秘)でやんす <(_ _)>)(。・ω・)(。-ω-)(。・ω・)(。-ω-)ゥィゥィ♪では...

続きを読む

謎の教練銃 16 : 銃身の再生②(溶接)

それでは、メインイベントの銃身の再生作業を開始します! (。・ω・)ゞデシ!適当な端材で駒を作って・・・両端を溶接し・・・駒を入れない部分の隙間を・・・ひたすら埋めていきます♪この薄板は銃身内に出っ張らせています♪(いわゆる合法化処理でやんす♪)(;´Д`)=3 フゥ デケタ・・こういった部分も・・・埋めておきます♪粗研磨そこそこ良さげな感じですね・・・ここからが手仕上げ・・・ヽ(;´Д`)ノこの部分は後日再溶接ですね・・・...

続きを読む

謎の教練銃 15 : 銃身の再生①(溶接準備)

只今、2020年1月1日でやんす・・・・ええ。今年の元旦作業は「謎の教練銃」だったのです・・・(;^ω^)さぁ!再生作業のメインイベントの準備を整えましょう!!Φ10の丸棒を・・・ひたすら削ってΦ9に・・・(*-゙-)ウーン…隙間が広い部分は細い駒を入れた方が良いかも・・・...

続きを読む

謎の教練銃 14 : 銃身の分解

さて・・・・エンフィールドの再生が完了しましたので、ようやく自分の教練銃の再生に取り掛かれます♪気になるのはこの錆汁が染み出てきた跡・・・・[壁]ω-)ジー・・・・・どう見ても嵌め込み式ですなぁ・・・分解しちゃいましょう♪夜間作業だったので、多少のダメージは覚悟の上。これで溶接作業がやり易くなりました♪...

続きを読む

謎の教練銃 13 : 銃身の錆び落とし

それでは、銃身の錆び落としに取り掛かりましょう♪漬け込みから二時間半後・・・だいぶ綺麗になりましたが、部分的に落ち切っていませんねぇ・・・(;^ω^)漬け込みから約8時間後・・・ま、ヨシとしましょう・・・...

続きを読む

謎の教練銃 12 : ストックの仕上げ

ストックの仕上げに入ります♪(-ω-;)ウーンもうちっと焦げ茶色に染まってくれるかと思っていましたが、残念ながら修復部分の方の色が濃いですね・・・これは悩むなぁ・・・・(;・∀・)ワトコオイルに黒を混ぜて被せるべきか・・・それともこのままにすべきか・・・・(-ω-;)ウーン...

続きを読む

謎の教練銃 11 : ストックの修正⑤

用心金の後端部分・・・ここの隙間も修正ですね・・・[壁]ω-)ジーさて・・・今度は銃身ASSYを載せて・・・ここも修正が必要・・・[壁]ω-)ジーお次はリヤスイベル部分・・到着チェックした時から気になってましたが、あらためてジックリ見ると、かなり曲がってしまっています・・・リューターで窪みを広げて真っ直ぐにし・・・隙間を埋めます♪うむ。これでヨシ♪...

続きを読む

謎の教練銃 10 : ストックの修正④

さてと・・・ストック全般の小修復を行っておきますか・・・まずは残存ネジの除去・・・[壁]ω-)ジーネジ穴は一旦埋めます・・・銃尾部に三八式の銃尾板を当ててみると・・・・隙間がありますね・・・・修正です♪これでヨシ♪全体をサンドペーパーで研磨して・・・(*´-ω・)ン?ひび割れてますなぁ・・・瞬間接着剤をタップリ染み込ませます♪用心金部分の形が崩れてますので・・・修正します♪...

続きを読む

謎の教練銃 9 : 部品の錆び落とし

さて・・・ここいら辺で金属部品の錆び落としをしておきましょうか・・・(;^ω^)漬け込み早々、激しい反応が・・・・どうやら亜鉛系部品がある様ですね・・・これかぁ・・・そんなこんなで溶けすぎない様に気を使いつつ・・・錆び落とし完了です♪( ・ω・)モニュ?何と!標尺板はろう付けである事が判明! (´・∀・`)ヘーなろほどねぇ~さ、黒染め黒染め♪♪ (。・ω・)(。-ω-)(。・ω・)(。-ω-)ゥィゥィ♪...

続きを読む

謎の教練銃 8 : ストックの修正③(銃尾部)

続いて銃尾部の修復に入ります♪側面部の盛り上げた部分を均して・・・銃尾部の削られてしまっている部分を盛り上げます♪この部分だけで3本消費しました・・・(;・∀・)ソリャソーダ盛り上げ→均しを繰り返します・・・うむ。こんな感じでオッケーですね♪ (。・ω・)(。-ω-)(。・ω・)(。-ω-)ゥィゥィ♪...

続きを読む

謎の教練銃 7 : ストックの修正②(先端部)

|д゚)チラッ先端部ですが、欠損した部分にキレッパシが挟まれていますね・・・ウズウズ・・・ソワソワ・・・キレッパシを除去して・・・これでヨシ♪ (。・ω・)(。-ω-)(。・ω・)(。-ω-)ゥィゥィ♪...

続きを読む

謎の教練銃 6 : 銃尾板部の検証

さてと・・・銃尾部を修復するにあたり、三八式タイプの銃尾板だったのだろうと推測が付きますが、一応、正しい銃尾板はどっちだったのか検証しておきます♪三八式用のストックと並べてみたら・・・・(;´・ω・)ヤッパリネ・・なんか少し短いなぁと思って測ってみたら、全長で5cm短かった・・・(;´・ω・)なるほどね・・という事は、この教練銃・・青年学校用のほか国民学校用でもある可能性が出てきました。ウ・・ ウ~ン(-ω-`;。)ドッチダロウま、...

続きを読む

謎の教練銃 5 : ストックの修正①(ひび割れ部)

只今、2019年10月7日でやんす・・部屋の隅っこにいつまでもバラバラのまま置いておくとロクな事になりませんので、再生作業に取り掛かります。まずはストックの傷んでいる部分を片っ端から修復して行きます♪残っているリヤスイベルを外し・・・・銃尾版も外して・・・・因みに九九式用銃尾版は極上品なのでやんす (。・ω・)(。-ω-)(。・ω・)(。-ω-)ゥィゥィ♪さて・・・続いてこの接着剤を・・・・カッターで剥がして穿って綺麗にします...

続きを読む

再生おじさん

再生おじさん

Author:再生おじさん
当ブログに掲載されている写真や画像の無断使用は禁止です。また、記事の無断転載も禁止です。

カテゴリ