記事一覧

富山飛行場跡②(現地編)

現地編でやんす~♪♪ (*・ω・)-ω-)・ω・)-ω-)ゥィゥィ♪撮影位置 : 現在は水田に戻り、建物エリアのあった場所は住宅地になっています。①地点から北方向①地点から北北西方向  米処ですなぁ~♪北端に移動しましょう♪((((((((((っ・ω・)っ ブーン②地点から南方向②地点から南南西方向跡地の中央付近で360°ぐる~っと見てみましょう♪③地点から東北東方向北方向北西方向西方向南西方向南方向そして南東方向西端付近に移動して、④地点から北東...

続きを読む

富山飛行場跡①(資料編)

神通川沿いにある「富山きときと空港」は、実は、富山県にとって2代目の空港で・・・・初代は、旧倉垣村(現在の富山市布目)の水田地帯に作られ、昭和8年10月に開場した「富山飛行場(倉垣飛行場)」なのです。富山県立図書館には、富山飛行場建設委員会が書き残した記念誌が所蔵されています。(*・ω・)-ω-)・ω・)-ω-)ゥィゥィ♪富山飛行場建設記念録(富山飛行場建設委員會、昭和十年七月発行)序 北日本の空の固めとして、將又交通...

続きを読む

般若(柳瀬)滑走路跡③(現地編)

空輸用滑走路の位置は、この地図がヒントです。(鬼の原画サイズでっせ~)グーグルアースを同じ向きにしてみると、こんな感じです。♪何となくそれっぽい地形が写っています。(*・ω・)-ω-)・ω・)-ω-)ゥィゥィ♪(出典:国土地理院ウェブサイト USA-M644-1-108 1947年11月13日)アーカイブに写っている痕跡っぽいのを書き写すと、こんな感じに・・・(;^ω^)ビミョー米軍地図によれば、終戦時の完成度は75%で、滑走路のサイズは、6,500...

続きを読む

般若(柳瀬)滑走路跡②(米軍資料編)

さて・・・・この三菱重工業の航空機製作部門・・・・大正11年に「三菱航空機」という独立会社になったのですが、昭和9年に再び親会社が吸収しています。少し紛らわしいのでウィキを転載しておきましょう・・・・1919年(大正8年) - 三菱合資会社神戸造船所から三菱合資会社神戸内燃機製作所として独立。1920年(大正9年) - 三菱内燃機株式会社(本社名古屋)が設立。1921年(大正10年) - 三菱内燃機株式会社が三菱内燃機製...

続きを読む

般若(柳瀬)滑走路跡①(国内資料編)

空襲が激しくなってきた昭和19年末、軍需工場の大々的な疎開が行われ、民間工場の建屋敷地徴発や地下工場の建設等が進められました。(*・ω・)-ω-)・ω・)-ω-)ゥィゥィ♪富山県射水市の越中大門駅近くの呉羽紡績大門工場(現:東洋紡庄川工場)もその一つで、呉羽工場、福野工場、井波工場等とともに、三菱重工業(株)の第11製作所となり、司令部偵察機の製造が行われました。(´・∀・`)ヘー100式についてはウィキをご覧ください。m(_ _;)mht...

続きを読む

立野原演習場跡⑤(発着場の推定位置)

立野原開拓入植50周年記念「ふりかえる50年」(森田貞數、平成6年7月発行)P4~5部落名の起因南部市野沢部落 立野原地区最高の平坦地として陸軍省時代に於てしばしば民間機、軍用機の発着を見たところで、北部と共に入植者一般の求めた場所であった。特に旧市野沢村の中心地帯で、由緒ある地として市野沢発生の記念碑が建立されている。 南部市野沢の名称もまた当然と言うべきであろう。驚きました・・・・(・∀・;ノ)ノこの...

続きを読む

立野原演習場跡④(跡地と開拓碑)

あらためて地図を眺めると、広大な敷地ですなぁ・・・・・・(;゚д゚)ポカーン撮影位置①地点から 南側 : なだらかな傾斜地ですねぇ・・・・②地点から北側 : 右へ行くと次郎右衛門堂があります。この辺りは果樹園(柿畑)になっています。③地点から北東方向 : メダマカンテッコウはこの道から行った方が判り易いかも。④地点から南西方向 : メダマカンテッコウは、一つ前の畑道を入って行きます。手前に見えている道を入って...

続きを読む

立野原演習場跡③(資料編)

まずは歴史を知るため、町史関係からですね・・・・福光町と城端町の2つの町に跨ってますから、両町の郷土史をチェックです♪♪(*・ω・)-ω-)・ω・)-ω-)ゥィゥィ♪(*´-ω・)ン? [壁]ω-)ジー・・・・・・・・・・(・∀・;ノ)ノ  福光町史が2種類ある!福光町史 下巻(福光町史編纂委員会、1971年8月21日発行)P526立野ガ原陸軍演習場の設置 日清戦争の直後にロシヤ・フランス・ドイツの三国干渉によって、極東の事情は一そうと険悪にな...

続きを読む

立野原演習場跡②(メダマ監的壕)

立野原演習場跡地には、もう一つ監的壕が残存しています。地元の方によると、「メダマカンテッコウ」と呼ばれている様子・・・・監的壕→カンテキゴウ→カンテッコウ・・・なるへそ・・(;^ω^)昭和12年調製の地図によりますと、監的壕は1箇所、観測台は3箇所書かれていますが、「監的壕」と「観測台」の違いについては、良く判りません・・・(*-゙-)ウーン…勝手なイメージですと、「壕」は土の中にあり、「台」は地上に露出と言った...

続きを読む

立野原演習場跡①(丸山の監的壕)

おじさんは今・・・・・スキー場の中を通っています・・・・・(;^ω^)イイノカナァ? フシギナキブンダゾえ~っと、このまま通りへ・・・・・・・よっしゃ!現在地ゲットっ♪♪  方向的には合っている様です。(*・ω・)-ω-)・ω・)-ω-)ゥィゥィ♪( ´⊿`)y-~~ちょいと一服しながら、正しい位置をナビにセット・・・・・オオオオォォΣ(´▽`ノ)ノォォォォォ!!!! なかなか良い位置まで来てますやんっ♪♪もう目と鼻の先だったんですねぇ~♪♪((((((((((っ・ω・)っ ブーンよっしゃ...

続きを読む

再生おじさん

再生おじさん

Author:再生おじさん
当ブログに掲載されている写真や画像の無断使用は禁止です。また、記事の無断転載も禁止です。

カテゴリ