記事一覧

新潟地方航空機乗員養成所跡④(番外編)

さて、折角来たのですから、PRルームを覗いて行きましょう♪この時間ですから、きっと貸切り状態でやんす♪♪(*-゙-)ウーン… さすが米処!キャラクターもお米でやんす (;^ω^)ほほう~♪パネルが沢山展示してあります♪♪[壁]ω-)ジー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・むむむむむっ!!昭和5年9月の新潟市設飛行場平面図!!  ( ・∀・)ノシ∩へぇ~へぇ~昭和初期の市営飛行場時代・・・・・・・ピカーンッ ( ・ω・)モニュ?・・・・・・・...

続きを読む

新潟地方航空機乗員養成所跡③(現地編)

時刻は午後4時過ぎ・・・・そろそろ図書館から新潟空港へ移動しましょう・・・・・((((((((((っ・ω・)っ ブーン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ガ━(;゚д゚)━ン!!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・渋滞でやんす・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・( ゚Д゚)y━┛~~・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(;´Д`)y─┛~~なんか、今夜あたり物凄く嫌な予感...

続きを読む

新潟地方航空機乗員養成所跡②(資料編2)

さてさて・・・・・いつもの通りアーカイブで敷地線をと思っていましたが、ちょいと問題発生です。ガ━(;゚д゚)━ン!!昭和初期からある飛行場なので、当然、陸軍が写した空撮写真が残っているハズだと、期待をしていたのですが・・・いざ見てみたら、1946年10月の写真が最古・・・・ ガ━(;゚д゚)━ン!!ご覧の通り、米軍に接収されている時の空撮写真でやんす・・・・ヽ(;´Д`)ノ(出典:国土地理院ウェブサイト USA-M302-A-9-2 1946年...

続きを読む

新潟地方航空機乗員養成所跡①(資料編1)

現在の新潟空港はその昔・・・・市営飛行場であり、逓信省の新潟地方航空機乗員養成所でもありました・・・歴史が古く数々の変遷もあり、養成所時代の事を書こうとすると、その前の市営飛行場黎明期の頃の話を書かねばなりません・・・・と言う訳で、新潟市史に記載されていた飛行場の歴史について「資料編1」としてお届けしやす。m(_ _;)m新潟市史 通史編4 近代(下)(新潟市史編さん近代史部会、平成九(一九九七)年三月三...

続きを読む

山田(善久)陸軍秘匿飛行場跡②(現地編)

ナンダロウナァ・・・(;^ω^)ミカタニヨッテハ、イジノハリアイカラデキタヒコウジョウトモイエルゾ・・・d(-`ε´-;)シィッ(出典:国土地理院ウェブサイト USA-R226-160 1947年09月24日)参考資料やアーカイブから書き写すとこんな感じですね・・・・現地は工業団地や大店舗街となっており・・・・・お盆休みと相成って超混雑でやんす・・・・(;^ω^)仕方が無いので、土手の上~河口が近いだけあって信濃川もぶっといでんなぁ~撮影位置①地点から北北西  工業団地...

続きを読む

山田(善久)陸軍秘匿飛行場跡①(資料編)

最初にネット情報を・・・ m(_ _;)mサンコウニナリマシタ・・・黒埼の歴史探訪3 善久・山田の陸軍飛行場建設http://www5b.biglobe.ne.jp/~ecoline/kurotan3.htmレファレンス協同データベース新潟県立図書館http://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000164796毎日新聞フェニックス70 2015年8月7日地方版http://mainichi.jp/area/niigata/news/20150807ddlk15040058000c.htmlかなり長くなり...

続きを読む

軍都村松⑤(村松秘匿飛行場跡)

スタスタスタスタ・・・・・ヽ(;´Д`)ノサスガニハシルトアツイゾー見間違えでは無かったですなぁ・・・ もう一か所、門が残っていました・・・・(・ω・;)コノイチッテ・・・ちょいとまわり道して近くに行ってみましょう・・・・・スタスタスタスタ・・・・・・③地点  さっきの門と全く同じ物がありました!(´・∀・`)ヘー(*・ω・)-ω-)・ω・)-ω-)ゥィゥィ♪ 丁度良い具合に内部の構造を見る事ができます♪左の門柱金具が残っていますそれにしても・・・・・結構、粗...

続きを読む

軍都村松④(境界石と練兵場の遺構)

さて、それでは遺構を見学しながら飛行場(滑走路)跡へ話を進めましょう・・・・・撮影位置①地点に陸軍の境界石が残っています。 (´・∀・`)ヘーこの道を少し入ったところ・・・丁度、兵営の南東角に当たる位置です。少し移動して練兵場へ・・・・スタスタスタスタ・・・・・・・(;^ω^)キョウハスズシイデスネ②地点 練兵場入口左の門柱兵営の正門とは異なり、煉瓦は使われていませんね・・・・右の門柱  草で覆われてしまっていますが・・...

続きを読む

軍都村松③(陸軍少年通信兵)

村松町史 下巻(村松町長 茂野敏郎、昭和五十七年三月三十一日発行)第二節 太平洋戦争と軍都村松P709~712三 村松陸軍少年通信兵学校村松少通兵学校の開設 歩兵一五八連隊出動後、空舎となっていた村松兵営には、間もなく陸軍少年通信兵学校が開設された。 村松少通兵学校開設の事情を、陸軍少通兵学校第十一期生服部保男編『電波の戦士』(昭五三)等によって見てみよう。 少年通信兵制度は、満州事変当時、近代戦...

続きを読む

軍都村松②(陸軍病院跡)

続いて、村松陸軍病院跡でやんす・・・・ウィキから 1896年 村松衛戍病院として創設1925年 新発田衛戍病院村松分院となる1938年 新発田陸軍病院臨時村松分院となる1941年 村松陸軍病院となる1945年 陸軍解体により厚生省へ移管、国立村松病院となる1953年 国立療養所村松病院となる。(出典:国土地理院ウェブサイト USA-M167-A-5-33 1946年06月16日)撮影位置①地点に陸軍病院の門柱が残っていま...

続きを読む

軍都村松①(兵営跡)

新潟県五泉市石曽根にかつて陸軍の歩兵第30連隊・158連隊が駐屯していました。軍都村松と呼ばれた村松兵営です。ネットで拾った明治36~42年の地図アーカイブには飛行場(滑走路)らしき転圧痕?も写っています。(出典:国土地理院ウェブサイト USA-M167-A-5-33 1946年06月16日)敷地図 (オレンジ=村松兵営、青=村松陸軍病院、赤=営所通り)&撮影位置ネットで見る事が出来る当時の絵葉書①地点  商店街この営所...

続きを読む

中越(小粟田原)飛行場跡地②(現地編)

さて、アーカイブではどう写っているのかと言うと・・・・(1947年6月) 薄らと転圧痕が見えますねぇ♪(出典:国土地理院ウェブサイト USA-M167-A-5-51 1947年06月16日)グーグルアースに書き写すとこうなります。(*・ω・)-ω-)・ω・)-ω-)ゥィゥィ♪(白い線は通路?です)幸いにして、田圃の中に太い道がありますので端部に行く事ができます♪♪距離がありますので、車で移動します((((((((((っ・ω・)っ ブーン①地点から北北東方向((((((((...

続きを読む

中越(小粟田原)飛行場跡地①(資料編)

小千谷駅から北北西へ4kmの小粟田原と呼ばれる一帯に・・・地元自治体の手によって飛行場が建設されました。飛行場は軍部に献納し飛行部隊を誘致する目的で作られましたが、結局は帝国飛行協会に寄付され、そして終戦を迎え、現在は広大な美田が広がっています。小千谷市史 下巻(小千谷市史編修委員会、昭和56年11月20日発行)第3章 軍国体制下の郷土P541~542中越飛行場の建設 このような軍国的風潮によって...

続きを読む

圓通寺(谷田部の門柱)

時は、筑波研究学園都市の建設が開始され、広範囲に造成がされ始めた頃・・・・・・谷田部飛行場から北北西へ6km程の地点・・・・現在のつくば市東光台の造成道路脇に・・・・・ひとつの門柱が悲しく打ち捨てられていました・・・・・・・(T□T)やがてその門柱は、ある元隊員の方の目にとまり・・・・・・・同じく元隊員の方のお寺に、安住の地にと託される事になったのです。...

続きを読む

伊達原秘匿飛行場跡地

さて、八色原秘匿飛行場跡地から、一山越えて伊達原の秘匿飛行場跡地へ向かいます・・・((((((((((っ・ω・)っ ブーンこの秘匿飛行場に関する情報は、①滑走路探検隊さんのHPに出ている情報、「伊達原牧場、600×30、旧海軍、秘匿、十日町市伊達原、栗畑になっている」②とりさんのHP「空港探索・2」 http://airfield-search2.blog.so-net.ne.jp/datehara-airfieldに現地の様子が掲載されています。アーカイブを見ると、確かに転圧滑...

続きを読む

八色原秘匿飛行場跡 後編

前編→ http://blogs.yahoo.co.jp/trpys563/9376930.htmlまずは米軍資料から米軍名:URASAそして、魚沼市報 2007年8月10日号計画された予定長さは、郷土史に載っているのですが・・・・何故か米軍が得ていた滑走路の長さ情報(6,000フィート=約1,830m)と予定長さが近いという不思議。(*・゙・)ウーン… ひょっとしたらどこかで計画が米軍に漏れていたのかも。小出町史 下巻(近代・現代・人物)(小出町長登阪...

続きを読む

再生おじさん

再生おじさん

Author:再生おじさん
当ブログに掲載されている写真や画像の無断使用は禁止です。また、記事の無断転載も禁止です。

カテゴリ