記事一覧

太田市下小林の高射砲陣地跡③(寸法測定)

じゃ、アチコチの寸法を測ってみましょうかねぇ~♪♪まずは高さですが・・・・角っこまでの高さは57cmですね・・・・概ね60cm程度は地上に露出していたと見ても良いでしょう。次に直径を・・・・・・・・・・・(*・ω・)-ω-)・ω・)-ω-)ゥィゥィ♪説明板にあった通り、約4.5m♪高射砲を据付ける八角形の部分は・・・・0点合わせて・・・・対辺距離1,775mm八角形の中の円の直径は・・・・435mmの位置から・・・・1,34...

続きを読む

太田市下小林の高射砲陣地跡②(外観)

(*・ω・)-ω-)・ω・)-ω-)ゥィゥィ♪それでは、ジックリ観察して見ましょう♪♪ (*´-ω・)ン?  側面に四角い窪みがありますねぇ?意図的に付けてあると思われますが、後加工用のマーキングでしょうか? (。・_・?)ハテ?(*-゙-)ウーン… 穴は等配で12個、雌ネジではなく鉄パイプのガイド方式・・・・・・という事は、ピンによる固定方式ってな訳ですな・・・側面にパイプが1本埋め込まれてますねぇ・・・・ (´・∀・`)ヘーどうやら、真ん中の穴と繋がって...

続きを読む

太田市下小林の高射砲陣地跡①

かつて中島飛行機の太田飛行場から北西へ1.5kmの地点に、高射砲陣地がありました。現在のイオンモール太田の南西角付近です。陣地があった場所は駐車場になってしまっていますが、幸いにもイオンモールさんが台座を移設し保存してます。 (*・ω・)-ω-)・ω・)-ω-)ゥィゥィ♪敷地南側の広場のとこです♪♪ってな訳で・・・・只今、2016年8月15日の朝っぱら、ちょいと気ままに?探訪です♪♪(南側入り口すぐの駐車場に停めると便利で...

続きを読む

中島飛行機 太田製作所 藪塚地下工場跡

太田市史 通史編/近現代 (大田市、平成六年三月三十一日発行)第四章 激動期の太田第三節 中島飛行機の発展と軍需施設の拡充P579工場の分散 元来、太田製作所では、原材料については本社の中央倉庫から直接供給されたものを下請会社や機体部品工場に配分し、完成した製品は太田製作所に送られるようになっていた。部品や小組立品については。太田製作所で生産され、他の工場はその残りの部分を補っているにすぎなかった...

続きを読む

館林飛行場跡地④(八幡様の開拓碑)

郷土史に、この地の戦後開拓について記載がありました・・・・( ´∀`)っ゙Ω ヘェ♪ヘェ♪ヘェ♪ヘェ♪ヘェ♪ヘェ♪(ポイントと言える部分を赤文字にしてあります)邑楽町誌(下) (編集:邑楽町誌編纂室、発行:昭和五十八年二月二十日)P11945 館林農地開拓団 終戦後の食糧事情及び復員に伴う新農村建設の要請により、大規模な開墾、干拓及び土地改良事業を実施し、食糧の自給化と軍事工場からの離職者、旧軍人その他の者に帰農を促進す...

続きを読む

館林飛行場跡地③(給水塔)

さてさて・・・・この館林飛行場において現存する遺構として、給水塔があります。当時の建物施設エリア(北東角の敷地が出っ張っている部分)なのですが、その場所は、現在、学校になっています。(*-゙-)ウーン…画的には、間違いなく当時物であるという写真が欲しいと思い・・・・建物の配置図などが無いか調べてみましたところ・・・・「第30戦斗飛行集団 館林集成教育隊」という本に、昭和19年11月からの陸軍航空士官学校館林...

続きを読む

館林飛行場跡②(飛行場外郭)

さて、それでは飛行場の外郭巡りをしてみましょうかねぇ~♪①地点から南南東方向・・・・住宅地となっています。①地点から西南西方向・・・・・・こっちは砂利道のままですね・・・・②地点から南南東方・・・・・・・・・・畑の中にチラホラと住宅や工場があります。②地点から西南西方向・・・・藪の向こう側は畑です。③地点から東北東方向・・・・・・・・(*-゙-)ウーン…③地点から南南東方向・・・・・(*-゙-)ウーン…少し先に広い道路があ...

続きを読む

館林飛行場跡①(序)

現在の群馬県館林市と、邑楽町にまたがる一帯に・・・・・かつて陸軍の館林飛行場がありました。この飛行場は陸軍飛行学校の分教場として昭和13年に開校し・・・・昭和19年11月から、陸軍航空士官学校館林分教場となり・・・・・昭和20年4月より、特攻隊の訓練基地となった飛行場です。1942年当時の、陸軍による空撮写真です。(出典:国土地理院ウェブサイト C29A-C1-15 1942年05月14日)郷土史や私記等に載ってい...

続きを読む

太田飛行場跡地

群馬県太田市と邑楽郡大泉町にまたがる、富士重工(株)大泉工場は、 かつて中島飛行機製の太田飛行場でした。 (詳しくはウィキで http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%B3%B6%E9%A3%9B%E8%A1%8C%E6%A9%9F ) 太田市史 通史編近現代(太田市、平成六年三月三十一日発行) P567-568 太田飛行場の開設 昭和十三年(一九三八)十月に、「太田飛行場敷地小泉町関係地主協議会」が休泊村役場で開催され、...

続きを読む

中島新邸

ほほう~ あれが、ヒコーキ王の家か!! でっかいでんなぁ~  ちょいと歩き疲れたから、車で行きますか・・・・・ ((((((((((っ・ω・)っ ブーン ここですね・・・・ 立派なお屋敷ですねぇ~  ちょうど、今日は見学が出来る様です・・・・・  ええ。 見れますね・・・・・ はい。 見れますが・・・・・ ガ━(;゚д゚)━ン!! ・・・・・・・・・・・・・・・...

続きを読む

尾島飛行場跡地

利根川の国道17号の橋から、2.5km下流の河川敷・・・・・ かつてここに、あのヒコーキ王(中島知久平)の飛行場がありました。 尾島飛行場でやんす。 当然ながら、米軍にバッチリマークされていました。  アーカイブに、クッキリハッキリ写ってますなぁ・・・・・(出典:国土地理院ウェブサイト USA-M159-A-5-98 1946年06月08日) (*´-ω・)ン? 痕跡が・・・・・・・2つ??? ま、い...

続きを読む

前橋(堤ヶ岡)飛行場跡地

現在の行政区(市町村)では高崎市なのですが・・・・ かつて、イオンモール高崎と関越自動車道前橋ICの間に、陸軍前橋飛行場がありました。 前橋市史や高崎市史等の自治体史には記載されておらず、なんで?? という状態だったのでしたが、 とある遺跡関係の書籍を読んで氷解です。( ・∀・)ノシ∩へぇ~へぇ~ 引用します。戦争遺跡の発掘 陸軍前橋飛行場(菊池実、2008年6月15日発行) P4関越自動車道...

続きを読む

気が付けば、両手の指が霜焼けに・・・・

夜空が透き通り、星が瞬くこの跡地・・・・・ 待ちに待った夜が、ようやく明けました・・・・・ お日様がと~っても目に沁みます・・・・( ゚д゚) 某飛行場跡地にて。  ...

続きを読む

碓氷湖と第二号トンネル

さてさて・・・・ 暫らく峠道を下っていると、湖が見えてきました・・・・・ [壁]ω-)ジー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ほう~ これが碓氷湖かぁ~ (´・∀・`)ヘー ちょいと寄って行きましょう♪♪ (*´-ω・)ン? 正式名称は坂本ダムって言うのかぁ・・・・ お! 駐車場がありますねぇ~  よっしゃ ((((((((((っ・ω・)っ ブーン  ずいぶん穏やかな湖面です♪♪ あぁ、...

続きを読む

碓氷第三橋梁(めがね橋)③

さあて。 渡ってみましょうかねぇ♪♪  (*・゙・)ウーン… 遠くに見える鉄橋は現役?? んーーーーっと・・・・ [壁]ω-)ジー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 新線だけど廃線の鉄橋ですか・・・・・・(´・∀・`)ヘー スタスタスタスタ・・・・・・・ ほほう~♪♪ 下流側もトンネル内で曲がっているんすね・・・・・(・∀・;ノ)ノスタスタ・・・・・・ 良いねぇ~ この雰囲気♪♪ ...

続きを読む

碓氷第三橋梁(めがね橋)②

遊歩道の階段を登ると、道案内板がありました・・・・・  さっきの熊ノ平駅まで1.3kmかぁ・・・・ 結構、近いんですね・・・・(´・∀・`)ヘー 登り側のトンネルは・・・・ 第六号トンネルって言うのかぁ・・・・ ほう~~~♪ (*´-ω・)ン? ここにも何か貼ってありますなぁ・・・ どれどれ・・・・ [壁]ω-)ジー・・・・・・・・・・・・・・・・ こっちは改修工事の時の写真かな?&...

続きを読む

再生おじさん

再生おじさん

Author:再生おじさん
当ブログに掲載されている写真や画像の無断使用は禁止です。また、記事の無断転載も禁止です。

カテゴリ